働く先輩ママに学ぶ

竹山 淳子さん

個人の魅力や得意なことを活かして出来ることが必ずある

竹山 淳子さん(千葉県在住)

ショートカットが似合う爽やかママの竹山さん。「素敵なお話ができる自信はないのですが・・・」と照れ笑いしながら、ひとつひとつの質問に真摯に答えて下さいました。今は週3~4日の扶養内でコールセンターのお仕事をされています。ご主人と小学生のお子さん(男の子と女の子)の4人家族。

竹山さんの一日
05:45 起床
ご自身の身支度、朝食の準備、子ども達の着替えの準備
06:30 子ども達を起こす、洗濯、自分のお弁当作り、朝食
07:35 子どもたちと一緒に家を出る
08:00 出社
15:00 退社、買い物
16:00 学校へ長女をお迎え、帰宅、掃除
夕食の準備
19:00 塾へ長男をお迎え
19:30 家族4人で夕食
21:00 子ども達と3人でお風呂
22:00 子ども達と一緒に就寝

竹山さんのキャリア、そして両立のスタートを教えてください。

新卒で大手商社関連の情報通信会社に入社。11年6ヶ月、ずっと事務職で働いてきました。
在職中に結婚し、一人目を妊娠してからも続けていましたが、会社の雇用制度が代わり一般職が総合職に切り替わる時期だったことと、勤務地が遠く家事との両立に自信が持てなかったので、妊娠7ヶ月目で退職しました。当時つわりが辛く、途中下車しながら通っていました。
その後、上の子が8歳、下の子が5歳になるまでの8年間は育児に専念しました。公園で知り合ったお母さんたちと仲良くなり、一日中おしゃべりしていたことも。親子共々ご縁ができてとても楽しかったです。
復職を考えたきっかけは、下の子の幼稚園の預かり時間が長くなったことでした。自分の時間ができて「働けるかなぁ」って。あとは「このままでいいのかな?」と思ったのもあります。毎日のお母さんたちとのおしゃべりも楽しいけど、公園とスーパーの行き来だけで社会との繋がりがないことに不安を覚え始めました。
それから毎日のように求人広告をチェック。自分で仕事を見つけようと思っても、なかなか条件が合わなくて・・。2年ほど求職活動してやっと条件の合うお仕事が見つかったのがマンパワーグループ。時短で週2日のコールセンターのお仕事でした。
最初は応募の電話一本がとても不安で、大きな壁に感じました。ブランクや年齢、特に資格もなく、こんな私で通用するのか、と不安でいっぱいでした。でもマンパワーグループの担当の方が「年齢が不安であっても、重ねてきた人生経験が武器になるお仕事ですよ」って言って下さって、初めてちょっとホッとできたんです。一緒に就職活動していたお友達がいたことも励みになりました。

実際に両立をスタートしたときはどうでしたか?

もともと子ども達の幼稚園の時間内で働こうと思っていました。子ども達にとっても「帰ってきたらママがいない」という状態でなく、また主人にも迷惑をかけないように、自分の自由な時間の中で働こうと決めて始めたお仕事でした。
それまでの毎日は子ども達との生活でしたから、お仕事を始めた時はとても新鮮でした。大人だけの社会、子どものいない大人の世界があったんだなぁと思い出して。社会との繋がりを実感しました。

今の生活は?

朝、子ども達の登校の時間と私の出社時間が大体一緒なんです。7時35分に3人で家を出ています。朝起きてから家を出るまでの時間はもうドタバタ。自分の身支度をして子ども達を起こして、朝食の準備や洗濯や自分のお弁当も作って…。後片付けもなるべく済ませて、できる限りの家事をしてから家を出ています。
小学5年生と2年生になった子ども達も「がんばって!」と応援してくれています。具体的な仕事内容を話したことはないので分からないとは思うのですが、応援してくれることは、とてもうれしいですね!特に娘は「ママは人を助ける仕事をしている」って思っていて。そんな大層なことはしていないのですけど、そんなふうに思ってもらえていることがすごくうれしいです。
また家庭以外にも、人の役に立てる場所がある。仕事場は、社会と繋がる私のもうひとつの居場所だと感じています。大切な居場所です。

うまく両立するための、竹山さんなりの工夫ってありますか?

「気持ちの切り替え」です。コールセンターなのでクレームを受けたり、厳しいことを言われたりしますが、気持ちを切り替え、あまりくよくよしないようにしています。もともとこだわりを持たない大雑把な性格なので、それがいいのかも。仕事が終わったらスイッチを切り替える。その為に今日一日、何かやり残したことはないかって確認してから職場を出るようにしています。
また職場の方も良い方ばかりで、いつも励ましてもらい助けられています。年齢に関係なく、教えていただいた時には「ありがとうございます」とお礼を伝え、常に‘教えて頂く’という姿勢でいるようにしています。
家事の工夫といえば、帰宅後すぐに5分でもいいから掃除機をかけるとか。疲れて帰ってくると座りたくなりますが、帰ってきた勢いで掃除機をかけちゃいます。あとは朝少しでも早く起きて洗濯や食器洗い等々、朝のうちに出来るだけの家事をする。早起き、苦手なんですけどね。

竹山さんご自身の将来についてはどうですか?

漠然と「正社員として就職したい」「正社員で安定して働きたい」という気持ちはあります。どんなお仕事があるか、それが自分に合っているかは分かりませんが・・・経験を生かせる事務職で働いていたいですね。
ただ今の8時~15時という就業時間が子どものライフスタイルとちょうど合っているので、しばらくは今のお仕事を続けたいと思っています。

最後に両立を目指す人たちにメッセージをお願いします。

私の場合は年齢とブランクが不安で、就職活動の一歩を踏み出すのが大変でした。今のお仕事に応募した時も、他にたくさん応募している方がいらっしゃるって聞いたので、もうダメかと思いましたが・・・なんとか採用になりました。勇気を出して応募して本当に良かった、ご縁があって本当に良かったなぁと思っています。
今はお仕事の経験だけでなく、人生経験として積んできたこともお仕事上でプラスになっていると感じています。
私と同じように、年齢やブランクを不安に思う方もいらっしゃると思いますが、個人の魅力や得意なことを活かして出来ることが必ずあると思います。ご縁を大切に、就職活動されると良いと思います。

支店担当者からのコメント

職場にお邪魔すると、竹山さんがいつも笑顔で電話対応をされている姿を拝見し、元気をもらっています。
竹山さんをはじめこちらの企業様では沢山のママが活躍中。企業様からも大変高い評価を頂いております。
仕事と家庭の両立を応援して下さる企業様を、もっともっと増やしていく事が私の目標です。
竹山さん、これからも末永くよろしくお願い致します!

お仕事をお探しの方

企業のご担当の方

会社概要

採用情報