総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup
MENU
閉じる

マンパワーグループ、派遣社員の「ラーナビリティ」を支援する取り組みを開始
第一弾としてマンパワーグループ・キャリア・カレッジの強化・拡充を発表

ニュースリリース
マンパワーグループ、派遣社員の「ラーナビリティ」を支援する取り組みを開始
第一弾としてマンパワーグループ・キャリア・カレッジの強化・拡充を発表

2017年6月30日

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、変化の激しい働く世界において派遣社員の長期的な雇用を維持するために、新たなスキルを学習する意欲や能力を意味する「Learnability:ラーナビリティ」を支援する取り組みを開始、第一弾としてマンパワーグループ・キャリア・カレッジの強化・拡充を発表します。

キャリアの構築・長期的な雇用を維持するために求められる「Learnability:ラーナビリティ(学習意欲)」とは

少子高齢化を起因とする労働力不足が急激に進む中、企業・組織は対策として業務のデジタル化や、人工知能の導入等で生産性の維持・向上を検討しています。そのような環境下、“働く世界”では、業務で必要とされていたスキルの寿命がかつてないほど短期化し、様々なスキルの市場価値が変化しています。マンパワーグループが提唱する「Learnability:ラーナビリティ」は、この変化に対応し、長期的な雇用を維持するために、新たなスキルを学習する意欲や能力を意味しています。
マンパワーグループは、派遣社員を対象に、どのような時代にでも通用する「Learnability:ラーナビリティ」を支援する取り組みを開始。変化に対応し、長期的な雇用を維持するための意欲や能力を支援するプログラムを順次発表します。

Learnability:ラーナビリティ

派遣社員向け「Learnability:ラーナビリティ」支援プログラム第一弾、マンパワーグループ・キャリア・カレッジの強化・拡充

「この先働き続けるために求めてられていることは?」
「研修コースは沢山あるけど、私のキャリアを構築するために必要なスキルは?」

時代の変化に対応する「Learnability:ラーナビリティ」を支援する、それがマンパワーグループ・キャリア・カレッジです。長期的な雇用を維持するために必要なスキルは一つではありません。スキルを習得する意欲の向上や、働く世界を知る機会も必要です。マンパワーグループ・キャリア・カレッジのプログラムは、派遣社員のスキル・モチベーション・働く世界をトータルでサポートします。

推奨プログラム例

マンパワーグループ・キャリア・カレッジURL: https://www.manpowerjobnet.com/seminar-info/
マンパワーグループ・キャリア・カレッジについてのお問い合わせ先: seminar@manpowergroup.jp


<報道関係の方からの本件に関するお問合せ先 >
マンパワーグループ株式会社 広報室 田村
TEL:03-6860-6037

戻る