総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup
MENU
閉じる
仕事を知る
2016年8月5日

モチベーションを高く持つ!仕事のやる気を維持し続ける3つの方法

モチベーションを高く持つ!仕事のやる気を維持し続ける3つの方法

「納期は迫っているのに、どうしても仕事へのやる気が出ない」「人間関係を円滑にすることにパワーを取られて、肝心の仕事への意欲が落ちてしまった」など、毎日の業務の中で、どうしてもやる気が出ないということはありませんか。

誰しもモチベーションが上がらない日はあるでしょう。しかし、長時間そんな状態が続いてしまうと、周りからの評価を落とすだけでなく自分の自信までも失ってしまう恐れがあります。今回は、仕事のモチベーションを高く持ち続けるための3つの方法をご紹介します。

【方法1】短期間で達成できる目標を立てる

短期間で達成できる目標を立てる

常にモチベーションを高く保ち続けるのは難しいもの。しかし仕事では、常に高い成果を求められます。そんな中で仕事に対するやる気を維持し続けるために役立つ方法が、すぐに達成できる小さな目標を立てることです。

具体的には、「後回しにしていた書類の整理を1カ所だけ整理する」「クライアントへの提出資料を一週間前までに用意する」など、すぐに取り掛かることができ、達成可能な目標です。

このような小さな目標の達成を積み上げていくことで、業務がスムーズに進むだけではなく自分の気持ちが前向きになり、仕事に対する自信にもつながります。

【方法2】気分転換をする、自分をいたわる

気分転換をする、自分をいたわる

モチベーションの低い状態では、生産性も落ちてしまいます。時間を無駄にしないためにも、このようなときは休憩をとったり周囲の整頓を行って早めの気分転換をしましょう。

気分転換にデスクの掃除をするのもおすすめです。
必要なもの以外はあるべき場所に片付け、すっきりとした環境にするだけで気分も変わります。毎日使うPCの画面やマウスを専用のクリーナーできれいにするだけでも、いつもと違った印象に変わるでしょう。

また、心身ともに疲れているときには自分をいたわることも大切です。
「睡眠不足ならランチを早めに切り上げて休憩時間内に仮眠する」「プライベートの出来事が頭に残り、何となく気持ちが落ち込んでいるときには自分の好きなドリンクやお菓子を口にして気持ちを切り替える」など、自分がリラックスできるスイッチを見つけて気分を切り替えることが大切です。

【方法3】大きな目標を持ち、目の前の業務と関連付ける

「毎日同じことの繰り返しで、仕事がつまらなく感じる」という方も少なくありません。
そんなときには、「自分が将来どんな風になっていたいか」「自分はどんな状態が最も幸せなのか」について考えてみましょう。 そして出てきた将来像を元に、長期的な取組みが必要な目標を設定しましょう。それらの目標を手帳やスマホのメモアプリなどに文字として記録してください。

次に、その目標に少しでも近づくために今の自分ができることを考えます。
例えば、仕事上の目標を掲げた方は、今の自分の業務をどのように行えば将来の投資になるのかを考えます。意識の低い状態で目の前の仕事にただ漠然と向かっているのでは、大きな目標までの距離はなかなか縮まりません。常に未来の目標につながる行動を意識しながら、目の前の仕事に臨むことで、毎日の仕事にメリハリが生まれるでしょう。

また、モチベーションの根源がプライベートにある方は、いかに効率的に仕事をこなし、自分のための時間を確保するにはどうすれば良いのかを考えてみてください。おのずと作業効率は上がり、仕事の時短への取り組みが楽しくなってくるかもしれません。

おわりに

多くの方が人生の中で仕事にたくさんの時間と労力を費やします。毎日のモチベーションを高く持つことで仕事も人生も楽しくなります。自分に合ったモチベーションアップの方法を考えて、毎日を充実させましょう。

派遣
  • faecebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • Google+で共有する