総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup
MENU
閉じる
キャリアを知る
2017年8月3日

CxOや執行役員も夢じゃない!?上級職へのキャリアアップを実現するためには

CxOや執行役員も夢じゃない

キャリアアップを目指している人にとっては、CxOや執行役員といった上級職へのステップアップは、一度は夢見るキャリアパスではないでしょうか。COOやCFOといった上級職へのキャリアアップは、非常に大きなハードルのように見えますが、ポイントをしっかり押さえれば決して不可能な道ではありません。これら上級職につくためには、どうすればいいのでしょうか。

おさらい:CxOや執行役員の意味とは

まずは、CxOや執行役員の意味をしっかりと押さえておきましょう。まず執行役員とは、取締役会の決定に基づいて各種業務を「執行」するポストについている人のことを指します。少し誤解を生みやすいのですが、役員と執行役員には大きな違いがあります。会社法に基づいて決められている役員とは、取締役、監査役、会計参与の三職の総称であるのに対し、執行役員は法律で決められたものではなく一般的な役職の名称です。

CxOとは、いわゆるCEOやCFO、CTOといったChief XXX Officerという役職で、日本語では執行責任役職と呼ばれることもあります。XXXの部分にさまざまな言葉が入ることで、それぞれの職務の執行責任を負うことを示すことができます。代表的なCxOとしては、下記のような種類があります。

CEO Chief Executive Officer : 最高経営責任者
CFO Chief Financial Officer : 最高財務責任者
CIO Chief Information Officer : 最高情報責任者
CTO Chief Technology Officer : 最高技術責任者
CSO Chief Sales Officer : 最高販売責任者
CMO Chief Marketing Officer : 最高マーケティング責任者

CxO・執行役員への道1:ベンチャー企業へ

CxO・執行役員へのキャリアアップとして最も近道なのは、ベンチャー企業へ転職することが挙げられます。ベンチャー企業は、一人ひとりの受け持つ責務や期待される役割が比較的重く、入社1日目からその道のスペシャリスト・責任者として振る舞うことが求められます。また企業が拡大するにつれて役職も増えていくうえに、昇進は実力次第で決まるカルチャーを持っていることが多いため、CxO職・執行役員につくチャンスは大いにあるといえるでしょう。

人によっては「ベンチャー企業のようなコンパクトなサイズに移ることで、役職だけ上がっても意味がないのでは」と、やや冷ややかな意見を持っている方もいらっしゃるかも知れません。しかし大手のコンサルティングファームからベンチャー企業に移った経験を持つAさんは、次のように語ります。「ベンチャー企業にジョインした際に、前職の経験が評価されて比較的高い役職につきました。最初こそ意識していなかったのですが、高い役職としての仕事をこなしていくうちに自分が大きく成長したことに気づきました。まさに役職が人を育てる、といったことを痛感しました」

ベンチャー企業への転職のコツについては、ベンチャー企業vs大企業 理想のキャリアパスはどっち?をご覧ください。

CxO・執行役員への道2:勢いのある中小企業でキャリアを積む

上級職へのキャリアパスとしてのもうひとつの道は、勢いのある中小企業へ入ってキャリアを積むことです。特に上場準備中の企業や、第二創業期として新規事業拡大を計画している企業などでは、組織の規模の拡大に伴い役職も増えていくため、上級職への昇進がしやすい環境が整っている可能性が高くなります。

このような企業のなかで、CxOや執行役員につくためにはどのようなスキルを身につければいいのでしょうか。産業機器メーカーにて実際にCEOを務めるBさんによると、自分の専門スキル以外にも身につけるべきものが多くあると言います。「私がCEOとして実際に仕事をしていくなかで最も苦労したのは、組織のビジョンを明確に示し、従業員にこの会社についていきたいと思ってもらうことでした。CxO職や執行役員クラスになると、経営に近いところで仕事をする身としてどのように組織全体を良くしていくか? 従業員がパフォーマンスを最大限発揮できるようにするためにはどうするか? といったことを考える必要が出てきます。それまでの専門的スキルとは全く違う次元のノウハウが必要になるのです」

いかがでしたでしょうか?あなたのキャリアにとって肩書や役職はすべてではないかもしれません。しかし、このような役職につくことで得られる経験やスキルはきっとあなたに大きな成長をもたらすことでしょう。あなた自身が成長してから役職者になるのか、役職者になってからさらなる成長を遂げるのか。それはあなたのキャリアパスの描き方にもよるでしょう。

キャリアの可能性を考え始めたらキャリアアップの可能性は無限大!理想のキャリアパスの描き方とはもぜひ参考にしてください。

転職エージェントのマンパワーグループ
  • faecebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • Google+で共有する