総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

こんなことしています Vol.1

海外からの人材活用についての調査結果

マンパワーグループは2011年7月、海外からの人材活用についての調査を行いました。
(調査対象:東京・名古屋・大阪に拠点がある1004社の人事担当者)

Q1. 人材不足を解消するために海外からの人材が最も必要となる職種

順位 職種
1 ITエンジニア(SE・プログラマなど)
2 機械エンジニア(機械オペレーター、整備士など)
3 技術者
4 営業スタッフ
5 軽作業スタッフ
6 事務スタッフ(秘書、マーケティング・広報など)
7 医療スタッフ(看護師、医療専門家など)
8 管理職(CEO、など)
9 海外からの採用はしない
10 その他

Q2. 海外からの人材は主にどの国から来ているか

順位 国名
1 中国
2 現在は海外から来ていない
3 アメリカ合衆国
4 その他(主に韓国・ベトナム)
5 インド
6 台湾
7 フィリピン
8 香港
9 ブラジル
10 イギリス

上記のように、一番海外からの人材を求めている職種はSE・PGなどのITエンジニアという結果となりました。
ITエンジニアは一時期の人材不足から脱却したように見られていますが、能力の高い人材を求めたいという意欲が高く、日本市場のみならず、海外からの優秀な人材を採用しようとする動きがあるといえそうです。
特に、経済発展を続けている国々では教育水準が上昇しつつあり、特にインドではIT分野で目覚しい発展を遂げています。
人件費が安く技術力が高いこうした国からの優秀な人材を採用したいという要望が高いことが伺えます。
また、今後上流を日本で、下流を海外(インドなど)で、というオフショア開発が増加していくことも予想されています。

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear