総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

こんなことしています Vol.1

雇用予測調査2010年10-12月期の結果発表 企業の雇用活動は依然として厳しい状況

純雇用予測は6%と前四半期から横ばい。業種別では、7業種中2業種のみ雇用意欲が回復。

2010年9月7日、2010年第4四半期(10-12月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を発表しました。
http://www.manpowergroup.jp/company/press/2010/0907_001.html

本調査は、マンパワーが四半期ごとに世界36カ国・地域で行っている世界でもっとも広範囲にわたる事前調査であり、「2010年10-12月において、貴社または貴機関の雇用計画(契約社員、派遣社員などを含む)は、今期(2010年7-9月)と比べてどのような変化がありますか?」という質問に基づいています。
今回日本では、東京・大阪・名古屋の1,108社から回答を得た結果、前年同月比8ポイント増となりましたが、前4半期から変化無しの6%に留まり、企業の雇用意欲が再び停滞する兆しが伺えます。具体的には、従業員を「増員する」と回答した企業は12%、「減員する」は8%、「変化なし」は77%となっています。

地域別で見ると、大阪で大幅に回復、東京・名古屋はやや消極的となっています。
業種別では、「製造」「鉱工業・建設」の2業種で回復の兆しが見られますが、「公共・教育」「運輸・公益」「卸・小売」の3業種において横ばい、「サービス」「金融・保険・不動産」の2業種で減退するなど、依然として低調に推移しております。

世界36カ国でのマンパワー雇用予測調査結果はこちら

ページのトップへ戻る
clear
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear