総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

こんなことしています Vol.1

世界中で雇用を増やし持続させるための5つの優先順位を発表

マンパワーグループは6/18に開催されたG20首脳サミットで、ビジネスサミット(B20)タスクフォースが定める世界中で雇用を増やし持続させるための5つの優先順位を発表しました。

  1. 戦略的なインフラへの投資
  2. 労働市場構造改革と政策の実施
  3. 中小企業や革新的なビジネスモデルの成長促進
  4. 企業と教育機関間の協力関係向上
  5. インターンシップや実習制度の位取り

とりわけ、3と5は、G20関係者にとって雇用創出を前進させるための大きなチャンスとなります。
タスクフォースの全体的な調査では、効果的な官民のワークフォースへの取り組みにおける最優先事項を説明しています。 1月以来、タスクフォースは会合を開き、さまざまな地域において採択された取り組みを再構築し、評価するために必要な手立てを議論しています。一つはマンパワーグループ上海が主導するNew Business Startersで、これは起業を促進するために自治体と協力して行っているものです。現在までに50,000人以上の人にこのプログラムが公開されています。

ジェフリー・ジョレス(マンパワー会長・社長兼CEO)はこう発言しています。
「これらの優先順位は、世界中の経済成長を前進させるのに必要な人材のパイプラインを維持する、最も大規模な基本計画を表しています。今回、複雑な官民のインフラを明確にする一方で、マンパワーグループが持つ革新的なワークフォースソリューションが、世界中の人材を採用したり、教育や能力開発を行うために活用されることを光栄に思います。G20参加国にとって、Human Ageによってもたらされる複雑な課題は、人々の潜在能力を引出すことが経済・金融において成功する秘訣であるということを、認識する戦略的な青写真が必要です。」

ビジネスサミット(B20)が掲げる優先事項を実行することにより、今後10年間で先進国および新興国において失業率を下げることができるだろうと予測しています。今回、ジェフリー・ジョレスは、他のタスクフォースメンバーと同様に、マンパワーグループの持つ専門知識と優先事項を実行するための影響力があるという理由から、タスクフォースの一員に選ばれました。

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear